楽典♪音楽理論の基礎
音階 > 長音階‐メジャースケール

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 長音階(メジャースケール)の並び
誰もが1度はピアノで弾いたことのあるド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドも音階(おんかい)のひとつです。普段聴いている曲は、この音階を土台にして作られています。音階にも種類があり、このド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドを長音階(ちょうおんかい)と言います。ちなみに、長音階を英語で書くと長がメジャーで音階がスケールなのでメジャースケールとも言います。どちらかというと長音階よりメジャースケールと呼ばれる方が多いような気がします。
長音階の並び
音源の再生
長音階の並びは楽しく明るい雰囲気を特徴とします。音階の始まりの音を主音(しゅおん)と言います。上の譜面はCの音から始まっているので、Cメジャースケール(ハ長調)になります。長音階の並びには決まりがあり、上の譜面にもあるように全音全音半音全音全音全音半音という並びです。この決まりに従えば、Dの音から始まるDメジャースケール(ニ長調)や、Eの音から始まるEメジャースケール(ホ長調)の長音階を作ることができます。そのためには前のページで見てもらった♯や♭が必要になってきます。Cメジャースケール以外の音階を作ってみましょう。
 Gメジャースケール
Gメジャースケール(ト長調)‐未完成‐
音源の再生
Gメジャースケール(ト長調)を作っていくことにします。Gメジャースケールなので主音はGになります。でも、このままGから順番に白鍵(はっけん)を弾くだけでは長音階にはなりません。なぜなら、上の譜面を見てもらえば分かるように、全音と半音の並びが長音階の並びではないからです。長音階の並びは全音全音半音全音全音全音半音でした。MIDI音源でも最後あたりの音がどうも変に聴こえると思います。では、どうすれば長音階の並びになるんでしょうか?
Gメジャースケール(ト長調)‐完成‐
音源の再生
Gメジャースケール(ト長調)にするためには、Fの音に♯をつけてやります。F♯にすることによって、EとF♯の関係が全音になり、F♯とGの関係が半音になりました。これで長音階の並びになり、Gメジャースケールの完成です。MIDI音源もこれでスッキリ聴こえるはずです。Cメジャースケールと使う音は違いますが、同じ音の雰囲気がするはずです。調号(ちょうごう)とは、いちいちFの音に♯をつけていては面倒くさいので、音部記号のすぐ右の第5線に♯を記しておきます。そうすると、Fの音が何オクターブ上がろうが下がろうが♯はついたままです。
 Fメジャースケール
Fメジャースケール(ヘ長調)‐未完成‐
音源の再生
次はFメジャースケール(へ長調)を作っていきましょう。やはり、Fから順番に白鍵を弾くだけでは長音階の響きはしません。同じように、調号で長音階の並びの全音全音半音全音全音全音半音にしてやります。先ほどは♯を使いましたが、今度は♭を使う必要があります。どうすれば長音階の並びになるか、まずは自分で考えてみてください。
Fメジャースケール(ヘ長調)‐完成‐
音源の再生
調号で第3線のBに♭をつけると、AとB♭の関係が半音になり、B♭とCの関係が全音になります。こんなふうにして長音階の全音全音半音全音全音全音半音の並びを覚えておけば、どの音を主音としても長音階を作ることができます。先ほどもやったように、調号では♯のつく長音階と♭のつく長音階があります。次のページにまとめたので確認しておいてください。
全音と半音 << 前へ  次へ >> ♯と♭の調号

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎