楽典♪音楽理論の基礎
音階 > 全音と半音

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの全音と半音
ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド全音と半音
音階(おんかい)には全音(ぜんおん)半音(はんおん)というのがあります。例えば、ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの音階にも全音と半音があります。上のピアノの鍵盤を見ると分かりやすいので、一緒に見ていきましょう。CとDの間が全音です。そのCとDの間にあるのを黒鍵(こっけん)と言います。Cからその黒鍵までが半音になります。DとEの関係も全音になります。次のEとFも全音と思いそうですが、これは半音です。ピアノの鍵盤を見てもらうと分かりますが、EとFの間には黒鍵がありません。なので半音になります。同じように、BとCの間にも黒鍵がないので半音になります。
 臨時記号
記号 読み 意味
フラット フラット 半音下げる
シャープ シャープ 半音上げる
ナチュラル ナチュラル 元の音にもどす
ダブルフラット ダブルフラット 全音下げる
ダブルシャープ ダブルシャープ 全音上げる
音を半音下げたり、半音上げたりする記号を臨時記号(りんじきごう)と言います。フラット、シャープ、ナチュラルはよく譜面で見られると思いますが、ダブルフラットとダブルシャープはあまり出てこないと思います。ダブルとあるように、半音+半音=全音を上げ下げします。臨時記号にも決まりごとがあるので、次の譜面を見て確認してみましょう。
臨時記号の譜面
音源の再生
同じ小節内では1度シャープやフラットが付くと次からは省略されます。しかし、オクターブが違うとシャープやフラットは付かず、記入された音のままです。臨時記号の効果は1小節で終わりですが、次の小節にナチュラル記号がふってある譜面もあります。順番に見ていきましょう。

の音は同じ小節内のため(タイで結ばれた音も)シャープが省略されています。
の音はオクターブが違うのでシャープはつきません。
の音は本当ならシャープの効果は消えているためナチュラルをつける必要はありませんが、上の譜面のようについてある譜面もあります。
 異名同音
異名同音
Cを半音上げるとC♯で、Dを半音下げるとD♭になります。上のピアノの鍵盤を見てもらえば分かりますが、このC♯とD♭の音は同じ黒鍵にあります。このような違う表記のされかたで、同じ高さの音のことを異名同音(いみょうどうおん)と言います。他にもあるので確認しておきましょう。
速度記号 << 前へ  次へ >> 長音階‐メジャースケール

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎