楽典♪音楽理論の基礎
音符 > 連符

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 1拍3連
1拍3連
連符(れんぷ)とは、1つの音符を3つや5つや7つなどに均等に分けることです。連符にもいくつかありますが、ここではよく出てくる2種類の連符を見ていきましょう。1拍3連は4分音符を均等に3つに分けた音符です。4分音符が1つ鳴っている間に均等に3つ音を鳴らせば1拍3連の出来上がりです。言葉で説明すると難しく思えますが、よく聴くリズムなのですぐに分かると思います。実際に譜面とMIDI音源とで確認してみましょう。
1拍3連の譜面
音源の再生
譜面の下にも文字で「タタタ タタタ タタタ タタタ」と書いてありますが、リズムを覚えるコツは実際に声に出して歌ってみることです。ドラムと一緒に「タタタ タタタ タタタ タタタ」と歌ってみましょう。1拍3連は簡単なのですぐにリズムをつかめると思います。
 2拍3連
2拍3連
連符でもうひとつよく出てくるのがこの2拍3連(にはくさんれん)です。2拍3連は2分音符を均等に3つに分けた音符です。1拍3連と考え方は同じなので、頭では理解できていると思います。でも、この2拍3連のリズムをとるのに少し苦労するかと思います。このリズムのコツとして、先ほどやった1拍3連がポイントになります。まずは譜面とMIDI音源で確認してみましょう。
2拍3連の譜面
音源の再生
譜面とMIDI音源だけで2拍3連のリズムがよく分からない人は、さっきの1拍3連のリズム「タタタ タタタ タタタ タタタ」を思いだしてみましょう。1つ目の「タタタ」の真ん中を抜いて「タタ」と歌います。2つ目の「タタタ」の最初と最後を抜いて「」と歌います。続けて歌うと「タタ 」になります。これで2拍3連の出来上がりです。あとは「」の部分を歌わないでリズムがとれるようになりましょう。「タタ  タタ 」で2拍3連が2つになり、1小節分になります。
複付点音符 << 前へ  次へ >> 休符

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎