楽典♪音楽理論の基礎
音符 > 音符の長さ

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 全音符を割ってみよう
全音符を割ってみよう
音符の長さを見ていきましょう。まずは全音符・2分音符・4分音符の長さを比べてみます。カンのいい人なら、上の音符を見ただけでどういうことかが分かると思います。全音符を2つに割った音符が2分音符になります。その2分音符を2つに割った音符が4分音符になります。つまり、2分音符が2つ分で全音符1つ分と同じ長さ、4分音符が4つ分で全音符1つ分と同じ長さになるわけです。

音符の長さを聴いてみよう
音源の再生
今度は実際に譜面に書かれた全音符・2分音符・4分音符を小節ごとに見ていきましょう。MIDI音源と一緒に確認すると分かりやすいと思います。各小節の音が鳴っている数は違いますが、合わせれば同じ長さになります。因みに、クリック1つ分は4分音符と同じ長さです。
 4分音符を割ってみよう
4分音符を割ってみよう
今度は4分音符を割ってみましょう。考え方は先ほどの全音符と同じなので、要領さえ分かれば簡単です。4分音符を2つに割った音符が8分音符になります。その8分音符を2つに割った音符が16分音符になります。8分音符が2つ分で4分音符1つ分と同じ長さ、16分音符が4つ分で4分音符1つ分と同じ長さになります。

音符の長さを聴いてみようU
音源の再生
同じように譜面に書かれた4分音符・8分音符・16分音符を小節ごとに、音源と合わせて見ていきましょう。音符の呼び方では32分音符まで紹介しましたが、よく耳にする音楽では32分音符はほとんど出てこないと思うので、16分音符まで分かっていればとりあえず大丈夫だと思います。
 音符の書き方
音符の書き方T
より見やすい譜面の書き方を見てみましょう。「はた」の付いた同じ音符が連続していると、上段の譜面のように見づらくなってしまいます。そこで、下段のように音符をつなげて見やすくしてやります。つないだ線は少し太めにするとより見やすくなると思います。

音符の書き方U
譜面を見ていると「ぼう」の向きが上向きの時と下向きの時があります。自分で譜面を書く時などにも迷ってしまうかもしれません。これにも一応きまりがあって、上の譜面のように赤線の第3線以上音が高くなれば「ぼう」は下向きになります。分かりやすい譜面になるようにしましょう。
音符の種類 << 前へ  次へ >> 付点音符

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎