楽典♪音楽理論の基礎
五線譜 > 大譜表

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 ト音記号+ヘ音記号=大譜表
ト音記号+ヘ音記号=大譜表
ト音記号は高い音を表すために使われ、へ音記号は低い音を表すために使われます。音楽の授業で一度は見たことがあると思いますが、その2つの音部記号が連なっている譜面があります。上のような譜面がそれになります。このト音記号とヘ音記号が連なった譜面を大譜表(だいふひょう)と言います。なぜこのような譜面になるかと言うと、ピアノなどの鍵盤楽器では音域が広範囲におよぶので、どちらか1つでは表せないことがあるからです。中心の「ド」の音は同じ音にります。

それぞれト音記号とヘ音記号の第2間の音符を見てみましょう。ト音記号の音は「A」、ヘ音記号の音は「C」になります。先ほども書きましたが、音部記号が変わってくると同じ場所に記入された音符も音が変わります。繰り返しになりますが、楽器によっても音部記号は使い分けられます。ギターなどの高い音はト音記号、エレキベースなど低い音はヘ音記号です。2つの音部記号が読めればとても良いですが、大譜表を扱うピアニストでさえ中々スラスラ読めるものではありません。なので、まずは自分の楽器で使われている音部記号から覚えるといいでしょう。
音部記号 << 前へ  次へ >> 小節線

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎