楽典♪音楽理論の基礎
五線譜 > 五線と加線

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 五線
五線
五線(ごせん)は音符を書き込むための線です。文字通り五本の線から出来ています。上の五線譜を見ても分かるように、これにもそれぞれ名前があるので覚えておきましょう。下から順に第1線(だいいっせん)、第2線、第3線、第4線、第5線と言います。線と線の間にも名前があり、下から順に第1間(だいいっかん)、第2間、第3間、第4間と言います。音符を書き込む場所は線の上か間になり、書き込んだ位置が高ければ高い音、低ければ低い音になります。読む人が分かりやすい位置に音符を書いてあげましょう。
 加線
加線
上の五線譜のように、五線からはみ出してしまう高い音や低い音には加線(かせん)をつけて表します。五線譜と同じように名前がありますが、上と下がついただけなので覚えやすいと思います。下第1線(しただいいっせん)、下第2線、下第3線、と低くなるごとに数字も増えていきます。同じように、上第1線(うえだいいっせん)、上第2線、上第3線、と高くなるにつれ数字も増えます。とても簡単なので五線と加線の呼び方は分かったと思います。まだまだ音楽理論の初歩の初歩です。どんどん覚えていきましょう。
楽典♪音楽理論の基礎 << 前へ  次へ >> 音名について

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。