楽典♪音楽理論の基礎
音楽記号 > 速度記号

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 速度を表す記号
メトロノーム記号
譜面の最初に上のような音符と数字が書いてあるのを見たことがあるかと思います。これも記号のひとつでメトロノーム記号と言います。メトロノームとは正確なタイムを計る機械です。カチカチと振り子のようなものもあれば、ピッピッピと音が鳴るカードタイプのものもあります。メトロノーム記号は1分間に基本の音符が何回打つかを表示していて、上のメトロノーム記号は「1分間に4分音符が約90回打つ速度です」というのを表しています。基本の音符は2分音符になったり、8分音符にもなったりします。

記号 読み 意味
Grave グラーベ 重々しく
Largo ラルゴ すごく遅く
Lento レント 遅く
Adagio アダージョ ゆるやかに
Andante アンダンテ 歩く速さで
Andantino アンダンティノ 少し速めに
Moderato モデラート 中くらいの速さで
Allegretto アレグレット やや速く
Allegro アレグロ 速く
Vivace ビバーチェ 快速に
Presto プレスト すごく速く
速度を指示する記号はメトロノーム記号だけではありません。イタリア語を使った言葉による指示もあり、メトロノーム記号と一緒に使われることもあります。一度に全て覚える必要はありませんが、上の表でどんなものがあるか目を通しておきましょう。

記号 読み 意味
accelerando ( accel.) アッチェレランド だんだん速く
ritarando ( rit.) リタルダンド だんだん遅く
曲中にテンポを変えたい時に使う記号もあります。曲が盛り上がってきたらだんだん速くしたり、曲の最後はゆっくり終わりたい時などに使います。音楽記号はたくさんありますし、あまり使わないものも多いですが、少しずつ覚えていきましょう。
強弱記号 << 前へ  次へ >> 全音と半音

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎