楽典♪音楽理論の基礎
音楽記号 > 強弱記号

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 音の強弱を表す記号
記号 読み 意味
ppp ピアニッシッシモ ものすごく弱く
pp ピアニッシモ すごく弱く
p ピアノ 弱く
mp メゾピアノ やや弱く
記号 読み 意味
mf メゾフォルテ やや強く
f フォルテ 強く
ff フォルティッシモ すごく強く
fff フォルティッシッシモ ものすごく強く
演奏する小節には強く弾いたり、弱く弾いたりする箇所があります。それを指示する記号も何種類かあります。どのくらい強弱をつけるのかを指示したのが上の強弱記号です。こういった記号はロックやポップスよりクラシックの譜面でよく見られると思います。

スフォルツァンド スフォルツァード フォルツァード アクセント
スフォルツァンド スフォルツァード フォルツァード アクセント
スフォルツァンド・スフォルツァード・フォルツァート・アクセントはフォルテ系の仲間になります。これらの記号があったら、さらに強く演奏してください。これらもクラシックによく見られる記号で、邦楽や洋楽ではあまり使う機会がないと思います。バンドスコアでも稀にしか出てこないでしょう。

記号 読み 意味
cresc. クレッシェンド だんだん強く
decresc. デクレッシェンド だんだん弱く
強弱記号の中には少しずつ変化をつけるものがあります。クレッシュエンドはだんだん強く、デクレッシェンドはだんだん弱くなります。記号は文字のcresc.decresc.と<>がありますが、どちらでも好きな方を使いましょう。
装飾音 << 前へ  次へ >> 速度記号

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎