楽典♪音楽理論の基礎
音楽記号 > 演奏記号

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 小節の繰り返し
小節の繰り返し
上の譜面のように、すぐ前の小節と同じことを弾くときに使う記号があります。上段の譜面は前の1小節を反復した譜面です。下段は前の2小節を反復した譜面です。同じようにして4小節と繰り返すことができます。人によって少し書き方が違ってくると思います。
 オクターブ記号
オクターブ記号
加線が何本も必要な高い音符や低い音符は読みづらいものです。そういう場合はオクターブ記号(8va)を使って読みやすい譜面にすることが出来ます。オクターブ記号とは、書かれている音符の1オクターブ上の音、または下の音を演奏します。オクターブが上か下かは、オクターブ記号を五線の上か下につけることで変わります。上の譜面を見て確認しましょう。
 タイ記号
タイ記号T
音源の再生
タイとは同じ高さの音符を結ぶ記号になります。結ばれた後の音符は音を鳴らさずに、前の音をそのまま続けて鳴らします。上の譜面のがタイで結ばれている音符です。MIDI音源を聴いて確認してみましょう。

タイ記号U
音源の再生
タイ記号が入ってくるとリズムの取り方が少し難しくなります。上の譜面は4分音符と2分音符が小節をまたいでタイで結ばれています。タイで結ばれた方の2分音符は音を打ちなおさず、4分音符の音をそのまま鳴らし続けます。2分音符は4分音符2つ分の長さなので、4分音符+2分音符で4分音符3つ分の長さになるわけです。
 スタッカート
スタッカート記号
音源の再生
スタッカートとは音を短く切って演奏することです。音符の上か下に小さい黒い丸があればスタッカートの記号になります。だいたい半分くらいの音に切って演奏すればいいと思います。スタッカートのありなしでは曲の雰囲気が全然違ってくるので是非とも覚えておいてください。
 テヌート
音源の再生
スタッカート対して、音の長さを十分に伸ばして演奏するのテヌートです。音符の上か下に黒い線が引かれてあればテヌートの記号です。ひとつの音符の音を十分に伸ばしてやることが大事です。
 フェルマータ
フェルマータ
音源の再生
フェルマータは適当な長さに伸ばしなさいという意味です。または、これで演奏は終わりという意味の終止記号としても使われます。どちらにせよ、譜面の最後にある記号です。
繰り返し記号 << 前へ  次へ >> 装飾音

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎