楽典♪音楽理論の基礎
音程 > 長音程・短音程U

五線譜

五線と加線

音名について

音部記号

大譜表

小節線
音符

音符の種類

音符の長さ

付点音符

複付点音符

連符
休符

休符の種類

休符の長さ

付点休符

複付点休符

音符と休符のまとめ
拍子記号

拍子とタイ

4分の4拍子・4分の3拍子

4分の2拍子・4分の5拍子

2分の2拍子・8分の6拍子

音の強弱
音楽記号

繰り返し記号

演奏記号

装飾音

強弱記号

速度記号
音階

全音と半音

長音階‐メジャースケール

♯と♭の調号

短音階‐マイナースケール

♯と♭の平行調
音程

音程とは?

長音程・短音程T

完全音程・増音程・減音程

長音程・短音程U

音程の問題
音程の変化

長音程→短音程

短音程→長音程

長音程→増音程

短音程→減音程

完全音程→増・減音程
和音

和音とは?

長三和音(メジャー)

短三和音(マイナー)

増三和音(オーグメント)

減三和音(ディミニッシュ)
スポンサードリンク

 長6度・短6度
長6度・短6度
次は6度の音程を見ていきましょう。DからBの音程は6度になり、全音が4つと半音が1つあります。EからCの音程も6度ですが、全音が3つと半音が2つです。6度は2度と3度と同じく長・短で分けてやります。音域が広い全音4つと半音1つのDからBが長6度です。音域の狭い全音3つと半音2つのEからCが短6度になります。まとめると、全音4つと半音1つで長6度になり、全音3つと半音2つで短6度になります。
 長7度・短7度
長7度・短7度
最後に7度の音程を見ていきましょう。CからBの音程は7度になり、全音が5つと半音が1つあります。DからCの音程も7度ですが、全音が4つと半音が2つです。これも長・短で分けてやります。音域が広い全音5つと半音1つのCからBが長7度です。音域の狭い全音4つと半音2つのDからCが短7度になります。まとめると、全音5つと半音1つで長7度になり、全音4つと半音2つで短7度になります。

2度から7度までを見てきました。同じ度数でも全音と半音の数が違うと長短、完全、増減で分けられるというのが分かったと思います。音程の勉強をすると和音(コード)の仕組みが分かってくるので、しっかりと音程の基本を知っておきましょう。次の項目で音程の復習をしてみましょう。
完全音程・増音程・減音程 << 前へ  次へ >> 音程の問題

ベースの初心者 クラシックギターの初心者
このサイトで使われている画像や音源などを使用して別サイトを製作するのはご遠慮ねがいます。
楽典♪音楽理論の基礎